東京の農園ならお任せ下さい。

宇佐美農園

東京の農園【ポイントとFAQ】

宇佐美農園は東京にある農園で、1年を通して季節の美味しい野菜を数多く栽培しています。当園では、有機野菜・低農薬野菜しかつくっておりませんので、安心して食していただけます。地元である足立区内の小・中学校と契約をしていることから、安全性も認められていて、当園自慢の小松菜は、合計3度に渡って農林水産大臣賞を受賞しています。
社会科見学の一環として、足立区内の小学生にご来園いただいている他にも、区内の自治体の方たちにも農園見学に来ていただいています。

農園 東京

その他にも、区内中学生やJAの新入社員を対象にして、土づくりから種まきの収穫を実態に体験していただいております。当園スタッフが小・中学校や保育辺へ出張して授業も行っており、少しでも地域のお役に立てるよう努めています。
多くの方たちに農業の大切さや野菜の美味しさを知っていただくことが、私たちの望みでもあり、農家に携わる者の使命と考えております。
安全で美味しい当園の野菜が欲しい方は、直売所も用意しておりますので、詳しい場所や購入方法をお知りになりたい方は、どうぞお気軽にお電話ください。
農業見学にも、喜んで対応させていただきます。

01東京の農園とは?

あなたも1度や2度は葬儀に参列したことがあるかと思います。
しかし、『葬儀』と一言で表しても、色々な種類があることをご存知でしょうか?
今回は、葬儀について詳しく解説します。
一般的に葬儀と聞いて思い浮かべるものといえば、喪服姿の参列者と、お坊さんのお経ですよね。
しかし、葬儀というのは、遺体をと埋葬する前に行う儀式なので、本来であれば宗教関係く葬儀と呼ばれています。
私たちがイメージする葬儀は、仏式と呼ばれるものであり、他にも神式、キリスト教式、無宗教式など、多岐にわたります。
また、葬儀自体も近年では多様化しており、一般葬だけではなく、最近増えてきた家族葬、仮装のみの直葬、お通夜を行わない一日葬など、ニーズが広がっているのが現状です。

02初めて農園をやってみようと思っている方へ

最近は、家庭菜園をはじめる人が増えているそうです。
しかし、農園は意外と自分でやってみると難しいもの。
まず、そもそもの場所を確保するところはどうなのでしょうか?
大きく分けて、2つの考え方があります。
1つ目は、庭で行うパターンです。
庭で農園をやるメリットは、すぐに対応ができることにつきます。
例えば、天候などの災害が起こっても、家のすぐ外なのですぐに駆けつけることが可能です。
一方でデメリットとしては、土が農園に適しているかどうかがわからないことです。

初めて農園をやってみようと思っている方へ

実際に農園の土というのは、堆肥はもちろん、長年の農作物の栄養や、それを食べに来た虫などの自然の栄養と人工的な栄養が混ざって作られます。
また、作る農作物によって、堆肥の種類も違ってくるので、安定して毎年同じような農作物を作ることで、長い期間をかけて良い土壌が作られるわけです。
なので庭でやる場合は、農家から土を分けてもらったり、最初は肥料大が多めにかかることがデメリットです。
もう1つは、近くに農園の土地を借りるパターンです。
これは庭のメリットがデメリットになり、デメリットがメリットとなります。
どちらが正解、不正解はありませんが、あなたに合った場所を選ぶことをおすすめします。

03東京で農園をするときの3つのポイント

東京でも農園を営むことは可能です。
もっと言えば、家庭農園などは東京では無理のように感じられているかもしれませんが、意外とできるものです。
そこで今回は、東京で農園をするときの3つのポイントについてご紹介します。

1.場所をしっかりと確保しよう
農園が成功するかどうかは、全て場所によって決まると言っても過言ではありません。
ある程度の土地を確保できるような場所を選んで農園はやりましょう。
もともと農園を営んでいる人が、貸し農園を営んでいる場合もあるので、それはそれでおすすめです。

2.プロに教えてもらおう
ネットの知識でもある程度カバーできますが、農作物は生き物です。
セオリー通りにはいかないので、そこはやっぱりプロに教えてもらう方がスムーズにいくことがあります。
試行錯誤を繰り返すことも楽しいですが、最初の基本はぜひ教えてもらいましょう。

3.堆肥をしっかりと行おう
土地や知識があっても、土が農作物に適していなかったら農園は成功しません。
ちゃんと堆肥して、農地をどんどん農園に適した土に変えていきましょう。

04東京都内にある農園の種類

東京都内にある農園の種類

都市部にも農園はあり、日本全国の市街化区域のうち、約2%、6.9ヘクタールの規模を誇ります。売上は全体の1割に達し、少品種でも高価値の野菜をつくっているという特徴があります。
東京都内の農園の種類に関して言えば専業農家の数は少なく、兼業農家の数が圧倒的に多いです。加えて住民との交流を大事にしている農園も多く、各種イベントや体験農業、地元の教育機関との連携なども盛んに行われています。
都市部の農園の大きな利点は、消費地に近く、とれたての野菜をすぐに届けられるということです。都内では小松菜の栽培が盛んで、スーパーやレストランに卸されています。
地産地消の流れは、国単位だけでなく、地方や地域レベルでも重視されています。東京で採れる野菜を都民が普段から食べられる環境が整えば、輸送にかかるコストも排ガスも抑えることができます。
従来の地表部分の田畑に加え、最近ではビルの屋上や路上の花壇などを使ったミニ農業も盛んになっています。野菜や果物の産出だけでなく、生活・通勤する人のコミュニケーションや、ヒートアイランド現象の対策にも効果があるとして、今注目されています。

05農園は全国各地に存在

農園は全国各地に存在します。東京都内も例外ではありません。特に小松菜は都区内をメインに栽培されている珍らしい作物です。
作物の販売に関しても、農作業体験に関しても 対応エリアの制限はありません。どなたでも購入や予約が可能です。
とは言え、やはり東京の地元の子供達が野菜が実際になっている様子を観察したり収穫したりすることに意義があるのでしょう。
東京ブランドの野菜として、全国に波及することも嬉しいことですが、それ以上に東京に住んでいる方に体験していただきたいし、食していただきたいです。
また都民の方のレクリエーションとしても有望です。日頃の仕事からの開放を味わうには、地に還ることもリフレッシュの1つの方法と言えます。土をいじり、水を与えることで、生きることの原点に立ち返ることができます。また食を通じて、都市化・人口減少・環境問題・水問題などに思いを馳せてみてはいかがでしょうか。あわせて日本の農業の実情も家庭内で考えるきっかけにしたいものです。
お住まいのエリアで、あなたの要望にピッタリの農園を見つけ、ぜひ種々のイベントを体験してみてください。

06東京で農園体験をする際の費用の目安

農園体験は、家族・グループ問わず人気のレクリエーションです。子供たちに野菜や果物の生育状況を直に見せたり、実際に土壌に手を入れることを通じて、より食に興味をもたせることができます。他の視点から見ても、自分で育てた作物というものは、思い入れも強く美味しく感じられるものです。こうした体験はのちの人生に影響を与えることも少なくありません。
実際に農園体験を行いたい場合に気になるのは、やはり費用の目安でしょう。

東京で農園体験をする際の費用の目安

体験できるメニューは農園ごとに違いますから、費用もそれぞれ異なります。注目すべきは体験内容です。農園までの距離や、交通手段、体験できる内容と費用を総合的に勘案して、農園を選定することが重要です。
もちろん、参加者が何を求めているのかきちんと把握することも大事です。田畑・果樹園・ビニールハウスと、種類もできることも豊富です。体験終了時にお土産が出るようなメニューだと、帰宅後も農園体験の話が弾むことでしょう。
最近の農園では、重要な情報はすでにホームページ上にまとめられています。複数の農園を検索し、インターネット上の情報をもとに最適な農園体験メニューを選択することが大切です。

07東京都で体験学習のできる農園を探す際の3つのポイント

01体験したい内容と訪問時期を決めましょう。

一口に農園体験と言ってもその種類は多様です。取り扱っている野菜や果物の種類も多岐にわたります。季節によって採れるものも異なります。ご自身やお子様の好きな野菜やフルーツをメインに、その旬の時期を確認しましょう。農園によってはハウス栽培に対応しています。この場合は時期外れの果物を採ることもできるので、覚えておくと訪問時期のバリエーションとして期待できます。

02農園の立地を確認しましょう。

車での訪問、電車での訪問、どちらにしてもアクセスは念入りにチェックしましょう。駐車場が少なかったり、駅から延々と歩く必要があると、体験終了後の帰りに疲れがどっと出てしまい、せっかくの体験が台無しになってしまいかねません。

03最適な農園を選びましょう。

やはり体験農園のノウハウを豊富に持っている農園の方が参加者の楽しみを理解している傾向があります。テーマパークのような派手なアトラクションではありませんが、心に響く農園体験を実施しているところも多くあります。インターネット上のクチコミや、農園が掲載している写真などを参考に、農園を選定していきましょう。

08東京の農園の他社との違いとは?

東京にも農園はたくさんあります。
それぞれの農園でこだわりがありますが、あえて当社の野菜が他社との違いを明確に伝えるとすると、有機野菜、低農薬野菜へのこだわりです。
1年を通じて、小松菜を主とし、季節の野菜として夏はとうもろこし、枝豆、トマト、ナスを、冬はネギ、白菜、大根、ブロッコリーなどを栽培してます。
全ての野菜には、有機肥料はもちろん、魚粉・海藻・炭を使っているので、カルシウムや鉄分、甘味が多く、お客さまからは「シャキッとした食感がやみつきになる!」と好評です。
当社が栽培する小松菜は、実は合計で3度も農林水産大臣省を受賞しており、その部分は結構自慢であり、明確に他社との違いと言えるでしょう。
近隣の小・中学校23校とも提携し、子どもたちの食育にも通ずる活動を、農家として野菜を育てる観点から積極的に伝えたい。
そんな想いを持って取り組んでいることも、他社との比較になると思います。
農家自体、これからの時代に進んでいくためにも、これらの活動は引き続き続けていきたいと考えています。

FAQ一覧

このページの先頭に戻る

宇佐美農園