農家になる方法|宇佐美農園は東京にある農家です。小松菜やきゅうり、季節の野菜の栽培を行っております。

●

質問

農家になる方法とは?

もともとは田舎生まれで、大学進学のために東京に出てきて、サラリーマン家庭で育ってきて、兄弟も私の他に3人いるので、卒業後はすぐに自立を求められて、特にやりたい仕事も定まらないまま東京で就職して今に至りました。
一度は結婚しましたが、子供もできないままいろいろあって離婚して、自分で何が本当にしたいか改めて真剣に考えて、出た結論が農家になることでした。
今は昔と違って農業法人も多くなっていて、農家にもなりやすいと聞きましたが、農家になるにはどういう手段があるのかということと、農家の仕事の安定性について教えてください。

回答

農業法人に就職して経験を積みましょう

自分で農家を経営するには、既存農家の経営を受け継ぐ方法や、農地から自分で全部揃える方法と、公的な支援を活用する方法があります。
いずにせよ、農家をはじめるには農業を営むための農地が必要で、それを取得するには、農地法に基づいて手続きをしなければいけません。
未経験者で農家を目指す場合は、最初に農業法人に就職して、そこで実践経験をしっかり積んでから、独立することをおすすめします。
はじめから無理をすると、挫折して取り返しのつかない事態に陥る可能性が高まります。
農家は天候に左右される仕事ですし、収入が安定するまでは最低でも2〜3年はかかると言われています。
ただし、自分のアイディアで大きな収入を得ることもできるやりがいのある仕事で、若者が新規事業として参入するには良い業界かもしれません。