東京都内に江戸時代から代々続く農家|宇佐美農園は東京にある農家です。小松菜やきゅうり、季節の野菜の栽培を行っております。

●

質問

東京都内に江戸時代から代々続く農家があるって本当ですか?

職場の仲間から「都内に江戸時代から続く農家があるらしいよ」という話を聞きましたが、どこにある何という農家か分かりません。そこで作られている野菜が物凄く美味しいのだそうです。すごく気になっています。
どなたか知っていますか?本当にあるのでしょうか?

回答

東京都足立区の江戸時代から続く農家です

我どものことを探して下さってありがとうございます。本当に存在する足立区の農家です。ご存知のように江戸時代から代々、農家を続けてきました。小松菜をメインにきゅうり、季節の野菜の栽培を行っています。足立区の小・中学校27校と契約しており、給食で我々の野菜が使われています。
低農薬栽培で新鮮かつ安全、安心な野菜を口にして、野菜本来のおいしさを味わって頂きたい。農園に来られる方には、採れ立て野菜を生で食べて頂きます。
先日来られた若い女性お2人はうちの小松菜を口に入れた瞬間に「甘い!」と口を揃えて言われ、シャキシャキ音を立てて夢中に召し上がっていました。「いくらでも食べれます!」と言っていただき本当に嬉しかったです。我々の小松菜は昔ながらの製法に、改良した有機肥料として魚粉、海藻、墨を使用しているため、カルシウムや鉄分、甘味が多く、美味しさがやみつきになるファンの方が多くいらっしゃいます。
作っている野菜は直売所、ネットでも販売しています。
是非、我々の野菜を召し上がってみてください!