農園経営に向いている人|宇佐美農園は東京にある農家です。小松菜やきゅうり、季節の野菜の栽培を行っております。

●

質問

農園経営に向いている人とは?

私も妻も東京生まれですが、知り合ったのは北海道の大学で、二人共自然が大好きで、敢えて大学は北海道を選んだことで意気投合して、学生時代から付き合いをはじめて、結婚するまでにはいろいろあって時間はかかりましたが、現在はお互いに東京の会社に就職して仲良く生活しています。
今の仕事にも特に不満はないのですが、訳あって子供もできなかったし、同級生なので二人とも来年で40歳を迎えるにあたり、前から考えていた農家になるという夢を叶えることで意見がまとまって、まずは知り合いの農業法人に二人で就職して、将来は自分たちの農園を持つ夢に向かって会社を辞める決心をしました。
もちろん安定した生活を捨てることに対しては不安もありますが、ズバリ農家に向いている適正やタイプを教えてください。

回答

根気強さや経営センスも必要です

農園経営に向いているのは、こよなく自然を愛している人なので、その点においては二人共問題ないでしょう。
さらに北海道で実際に自然とたくさん触れ合った経験があると思うので、二人ならしっかりやっていけると思います。
新規で就農して、経営を安定させるためには、それなりの時間がかかりますので、根気強さも必要です。
最初は農業法人に就職するということですが、自分たちで農園を経営するには、経営センスや判断力も問われますので、最初に経営の勉強もして、利益を出せる術を学んでください。