農園をはじめるための農地確保|宇佐美農園は東京にある農家です。小松菜やきゅうり、季節の野菜の栽培を行っております。

●

質問

農園をはじめるための農地確保の方法は?

もともと都会は性に合っていなくて、以前から東京を離れて田舎で農園を経営したいと思っていました。
以前はいろいろ規制が厳しくて、新しく農園をはじめるには高いハードルがあったようですが、農業には昔から興味があって、足立区に住んでいたのも、東京にも農林水産大臣賞を獲得している歴史の長い農園があると聞いて興味を持ったからです。
もちろんこんな立派な農園をつくれるとは思っていませんが、おたくのように美味しい野菜を多くの人に食べてもらうことにはやりがいを感じていて、何とか早く夢を叶えたいと思っています。
農園をはじめるにはまず農地を確保しなければいけませんが、どうしたらいいのでしょうか?

回答

農業経営者や親族などから農地を紹介してもらう

農地を買ったり借りたりするためには、農地に関する法律に則り、いろいろな要件を満たす必要があります。
新規就農者がその要件を満たして許可を得るためには、かなりハードルが高いため、ほとんどの場合は最初に農地を借りて農業を行います。
そのためには、都道府県ごとに知事の認定を受けた農地中間管理機構による公募に応募する方法があり、借り手を求めている農地の受け手を定期的に公募しています。
どうしても農地を取得したい場合は、農業経営者や親族などから農地を紹介してもらうことで、事が進みやすくなります。